時期やリピート割をねらって依頼


業者店舗に出回る商品と同じように引越し業者の費用も一定ではなく時期によって変わります。その変化は業者によって変わりますが、基本的なポイントは「引越しの仕事が忙しいかどうか」です。多忙な時期は業者へ舞い込む依頼数も多くなるため、無理にサービスをする必要はありません。逆に忙しくない時期はできるだけ仕事を請けたいためサービスする必要が出てくるのです。

引越しを格安で済ませたい場合はこの「忙しくない時期」を狙うのがポイントになります。引越し業者が多忙となる時期は新しい一年が始まる3月、4月です。次に学生が夏休み中である8月も高くなる傾向にあります。忙しくない時期は新年が始まる前の11、12月と新年の始まりである1月、夏休みが本格的に始まる前の7月です。時期を決められる時は11、12、1月、7月を狙うのがいいでしょう。

何月に引越しをするかだけでなくその月内のいつ依頼するかもポイントです。引越しは月末と休日である週末に集中します。これを考えると平日かつ月初めに依頼すれば費用を抑えることができるでしょう。平日に頼む場合は仕事が問題となるため、この時は有給を活用するのがいいです。他にも縁起のある六曜の話として大安の日が高くなり、仏滅の日が安くなる傾向もあります。しかしここまで拘ると条件に拘束されて身動き取れなくなる恐れもあるため、ある程度は妥協を考えた方がいいです。

また時期だけでなく、前回利用している引越し業者をリピートすることで価格が安くなる場合もあります。これは業者に確認してみる必要がありますが、リピート割を設けている業者はありますので、是非事前に確認しておくことをオススメします。例えば、ファミリー引越センターという引越し業者ではこのリピート割を導入しています。自分が前回頼んだ引越し業者を覚えている方はインターネットなどで調べておくと良いでしょう。

ファミリー引越センターをご利用いただいたお客さまは、次回ご利用の際、リピート割にてお見積りいたします。リピート割もお安く引越しが出来る理由の一つです。余計な広告費の削減につながるため、当然お客様の引越し料金もお安くなります。

時期割とリピート割を同時に利用できれば、費用はかなり抑えられるでしょう。引越しはただでさえ出費の多い大仕事です。費用を抑えられるところは出来るだけ抑えておくようにしましょう。


<<関連記事>>

  1. 引越しを格安で行う
  2. ダンボールは無料で
  3. 不用品は処分する